top of page
Image by hikkyo_ikan

PEOPLE

★01_遶玖干讒・230908_pr_0009s.jpg

​代表取締役

立花 陽三

ソロモンブラザース証券にてキャリアをスタート。

ゴールドマン・サックス証券 債券営業部および戦略投資部 マネージングディレクター、メリルリンチ日本証券 常務執行役員を歴任。

 

その後、楽天野球団 代表取締役社長に就任。楽天ヴィッセル神戸 代表取締役社長も兼任。お客様の声を第一にした経営スタイルで、スポーツビジネスの価値向上と収益力アップを手掛ける。

 

2021年末に各職退任し、2022年4月 PROSPER を設立、代表取締役に就任。

2022年には、事業承継として相談がきた、廻鮮寿司 塩釜港(宮城県塩竈市)の会社社長に就任するなど、公私共に地域を盛り上げる取り組みを行っている。

パートナー 取締役

​野田 豊加

株式会社Plan・Do・See 代表取締役

1993年に株式会社Plan・Do・Seeを設立。​

ホテル・レストラン・結婚式場の開発・運営を中心に、神戸オリエンタルホテル、ウィズザスタイルフクオカ、青山グランドホテル、京都の丸福樓など、老舗旅館や名士の邸宅、クラシックホテルなどの価値向上や事業変革を手掛ける。

現在国内外に26拠点を運営。自社の店舗だけでなく、他社へのコンサルティングやプロデュース業などでも実績を拡大している。

​株式会社Plan・Do・See 公式HP

https://plandosee.co.jp/

★02_菴占陸讒・230908_pr_0067s_edited.jpg

パートナー 取締役 (投資担当)

佐藤 公春

富士銀行 (現みずほFG)、アーンスト・アンド・ヤング (現EYTAS)の後、シティグループ・プリンシパル・インベストメンツにてコーポレート投資部門ヴァイスプレジテントを務める。

その後、ゴールドマン・サックス証券 戦略投資部およびマーチャント・バンキング部門ヴァイスプレジデント、きずなキャピタルパートナーズ 投資部門パートナー、ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ 投資部門マネージングディレクターを歴任。

19年間に渡り、自己勘定投資部門、ファンドにおいて企業投資に従事する。

2022年10月に​PROSPERに参画。

★03_豎溷憶讒・230908_pr_0134s_edited_edited.j

パートナー 取締役
(バリューアップ担当および管理・IR担当)

江副 翠

新卒でゴールドマン・サックス証券に入社し、地方自治体や政府係機関などの公的機関向けの営業を担当。北は北海道から南は沖縄まで、全国各地の公的機関の資金調達に従事。

2009年に楽天野球団に入社後、スポンサー営業を経て、地域密着推進部長、経営企画室長、マーケティング本部本部長や、スタジアム完全キャッシュレス化や顧客データ統合などの会社横断型PJT等を経験。東北の各自治体との窓口を担当した他、東北大学や福島大学における「プロスポーツ経営実践論」の講師、パシフィックリーグマーケティング取締役、宮城県スポーツ推進審議委員を務めた。

2022年6月にPROSPERに参画。

04_譽ョ謌ク讒・230908_pr_0219s_edited.jpg

投資担当チーム

森戸 義裕

公認会計士

 

中央青山監査法人にて、上場企業等の監査に従事した後、ワンキャップ・ジャパン(管理部/投資事業部) にて、会計、資金管理ならびに不動産投資を経験。2007年からはPwCアドバイザリーにてPEファンドや事業会社に対するM&Aアドバイザリー、事業再生業務に従事。

2013年からはみずほ証券プリンシパルインベストメント にて、マネージングディレクターとして、事業承継、MBO、資本増強案件など多様な投資案件に携わり、15年以上にわたり企業投資に関する経験を有する。

2023年5月にPROSPERに参画。

★05_鮨玖陸讒・230908_pr_0284s_edited.jpg

投資担当チーム

齋藤 翔 

2011年にみずほ銀行に入行後、国内支店にて中堅企業向けの事業金融を経験。2016年よりベーシック・キャピタル・マネジメントに参画し、案件ソーシングや投資検討に加え、自動車部品加工会社や通訳サービス会社、テストエンジニアリング会社のバリューアップに従事。

 

2020年からはマネーフォワードにて、M&A及び資本提携業務を推進。保険代理店業のグループ化を担当し、ハンズオンでの経営支援に携わる。

2023年9月にPROSPERに参画。

★06_蝓守伐讒・230908_pr_0388s_edited.jpg

投資担当チーム

城田 悠仁 

2015年に日本政策投資銀行に入行し、メーカーや地域企業に対しての投融資検討や企業融資の実行業務や海外エネルギー案件を担当。2020年にはDBJアセットマネジメントに出向し、海外インフラファンド運用部にて、ファンドの立ち上げ業務にも携わる。

その後、GLPキャピタルパートナーズジャパンで、投資運用部にてファンドの運営管理に従事。

2023年7月にPROSPERに参画。

ファンド・アドバイザー

​重松 理

公益財団法人 日本服飾文化振興財団代表理事
株式会社ユナイテッドアローズ 名誉会長

1949年神奈川県逗子生まれ。1973年明治学院大学経済学部卒業。1973年アパレルメーカー、株式会社ダック入社。1976年ビームス設立に携わった後に、ライフスタイル提案型セレクトショップの創設を図るため、1989年株式会社ユナイテッドアローズを創業。

 

現在は株式会社ユナイテッドアローズ名誉会長の他、公益財団法人日本服飾文化振興財団代表理事、一般社団法人日本和文化振興プロジェクト副代表理事などを兼務。個人事業として2016年4月東京・銀座6丁目に、真正NIPPON STANDARD専門店『順理庵 銀座本店』、同年9月『順理庵 六本木ヒルズ店』(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店内)をオープン。日本の高い精神性と美意識からなるひとつの真正なる美の基準=THE GENUINE NIPPON STANDARDを次世代に継承していくことを目的に活動を続けている。

今回、立花・野田の想いに賛同し、ファンド・アドバイザーに就任。

ファンド・アドバイザー

岡田 武史

FC今治 / 株式会社今治. 夢スポーツ 代表取締役会長

早稲田大学政治経済学部卒業後、古河電気工業株式会社に入社。1997年FIFAワールドカップフランス大会の本戦初出場を果たし、Jリーグ コンサドーレ札幌監督、横浜F・マリノス監督を歴任し、 2010 年FIFAワールドカップ南アフリカ大会では チームをベスト16に導く。中国スーパーリーグ杭州緑城でも指揮するなど国内外で活躍し、2019年には日本サッカー殿堂入りを果たした。

また、現在は、愛媛県今治市を拠点とし、サッカークラブFC今治の運営会社、株式会社今治. 夢スポーツの代表取締役会長として「次世代のため、物の豊かさよ り心の豊かさを大切にする社会づくりに貢献する」を企業理念に掲げ、サッカー事業だけでなく自然体験の環境教育事業や学校法人の運営、学生主導のワークショップなど様々分野で活動している。

今回、立花・野田の想いに賛同し、ファンド・アドバイザーに就任。

ファンド・アドバイザー

楠木 建

一橋ビジネススクール特任教授

専攻は競争戦略。企業が持続的な競争優位を構築する論理について研究している。

 

一橋大学大学院商学研究 科修士課程修了。一橋大学商学部専任講師、同大学同学部助教授、ボッコーニ大学経営大学院 (イタリア・ミラノ)客員教授、一橋大学大学院国際企業戦略研究科助教授、同大学ビジネススクール教授を経て 2023 年から 同特任教授に。

今回、立花・野田の想いに賛同し、ファンド・アドバイザーに就任。

ファンド・アドバイザー

諸戸 清光

株式会社諸戸ホールディングス 代表取締役

 

東京三菱銀行 (現三菱UFJ銀行)退行後、世界で初めて携帯電話向け動画変換サーバーを開発したセーバー株式会社を創業。株式会社交換にてエグジット後、諸戸ホールディングスの取締役を経て、代表取締役に就任、現在に至る。

 

諸戸ホールディングスの創設者であり、明治維新の成功者として、日本一の山林王と呼ばれた初代「諸戸清六」が三重県桑名の地に根をおろし、地域とともに、事業を拡大していった歴史的背景もあり、現在、桑名を中心に各地で、街の魅力や価値を上げ、地域の活性化に資する活動にも取り組んでいる。

 

今回、立花・野田の想いに賛同し、ファンド・アドバイザーに就任。

ファンド・アドバイザー

​鈴木 健一郎

鈴与株式会社 代表取締役社長

早稲田大学社会科学部卒業後、日本郵船株式会社に入社。2009年に鈴与株式会社取締役に就任。常務取締役、専務取締役を経て、2015年11月に代表取締役社長に就任し、現在に至る。

「鈴与グループ」は1801年に現在の静岡市清水区で創業し220年以上の歴史を持ち、物流・商流・建設・食品・情報・航空・地域開発と幅広い事業を展開する。その中核企業「鈴与株式会社」の社長を務める他、地元のJリーグチーム「清水エスパルス」を運営する株式会社エスパルスの代表取締役会長なども兼務する。

今回、立花・野田の想いに賛同し、ファンド・アドバイザーに就任。

bottom of page